高知 さらに続き 

 路面電車で市内に戻り、その後は牧野植物園に。

牧野富太郎さんは、江戸の終わりに生まれ、94歳で亡くなりました。
植物研究の第一人者と言われています。今でも牧野さんの植物図鑑は、
植物学者には必須のものだそうです。

 私が、何より感動したのは、牧野さんの笑顔です。
自然を愛し、尊敬していたそうです。それがこの笑顔ににじみ出ているのでは。
学者といえど、貧乏学者。生活は大変だったそうです。でもこの笑顔。
お金でいえば貧乏だけど、豊かな人生だったんだろうなと思います。 
f0203830_0272652.jpg

牧野さんのスケッチ画も素敵ですし、庭園も広々とたくさんの植物がゆったりと植わっています。
山の上なので、眺めもいいです。 

 牧野植物園のすぐそばに竹林寺があります。おへんろさんも数人みかけました。 
仁王像のいる入口と緑と石段の雰囲気が好きでした。 
お寺の入口の中に見える風景はやられます。京都の法然院なみにやられました。

f0203830_043545.jpg


 10月に面白そうなイベントがあるみたいです。
もし高知に住んでいたら参加したかったなー。
f0203830_0374526.jpg

八十八か所に選ばれているだけあって、重みのようなものも感じましたが、
イベントもやったり、新しい試みもしているお寺なのではと思いました。
[PR]
by mocchoi | 2009-10-02 00:43


<< 結婚式が終わりました!  高知続き  >>