夏のお茶碗 

 だんだん秋の気配が感じられるようになってきましたねー。 

 今年の夏は、日本に帰ってからは、ほとんど夏らしいことをしないで終わって
しまいそうです。 夏を感じられたのが、この前のお茶のお稽古。

 波の柄でした。  

 時々、茶道ってお稽古がそんなに必要なのって言われることがあります。
説明に困りますが、たくさんのお点前の種類を覚えるのも大変ですが、
基本的な動きはだんだんこなれて体に染みついてくると思います。
お道具の大きさや形が変わっただけで、清め方などの所作が変わってきます。

 知れば知るほど奥が深いです。 でも現代では味わえない物の見方や
動き、季節感を感じるのが好きなんですね。

 
f0203830_031746.jpg
 

 温故知新このことばがとても好きです。 
[PR]
by mocchoi | 2009-08-29 00:05


<< 商品のご紹介  準備してます。  >>